電話番号:052-222-9609
物は相談、物で相談、言葉の意外な関係性

物は相談、物で相談

ふたつの言葉、物と相談の意外な関係性

質屋を簡単に説明すると、『物でお金が借りられるところ』です。

「お金を借りる場面」というのは、「何かお金にお困りになり必要とする状況に遭遇した」という事が想像つきますよね。

そんなとき、人は色々な情報をもとに“調べる”という行動に移るわけですが、その一つに“困ったときは誰かに尋ねてみよう”という思考に行き着くことがあります。

そして、誰かに尋ねるにあたって一度は耳にしたことがある『物は相談』という言葉、 その意味を調べると、『良い結果が得られるかもしれないから、まずは相談をかけてみるモノだ。』『人に相談すると、思わぬ名案が浮かぶこともあるかもしれない。』と出てきます。

お金に困った方に「物で相談」をお受けするのが質屋。「困る」というキーワードからなる共通した状況や場面に対し、「モノ」と「相談」のふたつの単語の掛け合わせが、偶然とは思えないほど関連性があるような結びつきで、そのため、あたかも”質屋に相談をしてみたら”と言っているかのように「質屋のための言葉」に思えたのです。

急な支出でお悩みになられたら、そんな時は、名古屋大須の質屋CLOAKへ。

お気軽に「物は相談、モノで相談」してください。 言葉の意味にもあるように、利用してみたら”何か良い結果が得られる”かもしれません。


名古屋大須の質屋・買取店
PAWNSHOP CLOAK
クローク

愛知県名古屋市中区大須2-22-4 TEL:052-222-9609
所属組合:名古屋質屋協同組合・愛知県質屋組合連合会・全国質屋組合連合会
質:愛知県公安委員会許可 54116060010A
古物:愛知県公安委員会許可541319806900