• お問い合わせ
  • メニュー
  • 閉じる

CLOAK TOPICS

大須店ー新着情報

  • 名古屋でクルーガーランド金貨買取・質預かり| 22金製の地金型金貨

    名古屋でクルーガーランド金貨買取や質預かりなら質屋CLOAK名古屋大須店にお任せください。

    クルーガーランド金貨 南アフリカ 22金

    クルーガーランド金貨は南アフリカ共和国造幣局が発行する純度22金の地金型金貨になります。

    こちらの金貨の特徴は何といっても金色ぽく見えない色合いだと思います。

    黄金色をする金に対し含ませる金属によって色が変化することは知っていることと思いますが、このクルーガーランド金貨がゴールド色に見えない理由は、金がおよそ91.67%、銅がおよそ8.33%とう割合で鋳造されているためで、その銅により通常の金貨と比べて赤みがあります。

    図柄については、コインの表面にある横向きの肖像画は現在の南アフリカ北部に1852年から1902年まで存在したトランスヴァール共和国の元大統領であった「ポール・クリューガー」が描かれており、裏面には南アフリカ共和国を象徴する動物「スプリングボック」がレリーフされています。

    クルーガーランド金貨はコレクターや投資家にも人気の高い国際的にメジャーな金貨とあって、1980年代には日本でもブームとなり数多く輸入されたことにより今でもよく買取依頼で見かけるアイテムとなっております。

     

    南アフリカのレアメタルとアパルトヘイトとの関係

     

    南アフリカの発展に多大な影響を与えたのが鉱山の開発です。

    1860年代に世界最大の金脈が発見され本格的な発掘がスタートします。しかし鉱石は地中の深くに存在していたため、採掘や運搬のために大量の人手と時間が必要でした。

    その問題に国家規模で人種差別を正当化する隔離政策(アパルトヘイト)が大きくかかわっており、一時は金貨市場の大半を占めていたものの、その背景を抗議するものとして世界中の国々が輸入を自粛する動きとなり、国際社会から経済制裁の発動を受けることとなります。

    その後1991年に南アフリカ共和国はアパルトヘイト政策を撤廃する宣言。1994年には全人種が参加した初めての総選挙が実施され、ここでアフリカ民族会議という黒人政党が勝利しネルソン・マンデラが大統領に就任。それ以降はわずかではありますが生産・販売を続けています。

     

    質屋CLOAK名古屋大須店では22金製のクルーガーランド金貨を高価買取にてお取り扱い、質預かりによるご融資も行っております。

    「集めていた金貨を現金化したい」と売却をお考えの方は当店にお越しください。

    STORE INFORMATION

     

    取り扱い商品についての情報の新着情報