• お問い合わせ
  • メニュー
  • 閉じる

CLOAK TOPICS

大須店ー新着情報

  • 金盃買取・質預かり 酒宴に使われる金の盃を高額査定

    金盃買取・質預かりなら質屋CLOAK名古屋大須店まで。高額査定にてお取り扱い致します。

    金盃

    特別な酒宴で使用される金の盃。「純金」「K24」「K18」、もしくは造幣局の証明記号(ホールマーク)の日本国旗に「<1000>」「<999>」といった刻印の入ったモノがその盃にあたります。

    お正月や結婚式などの縁起の良い日にもちいられてきた金盃ですが、最近ではそのような宴席でも使われる機会が少なくなり、『桐箱に眠らせたまま』『茶箪笥に仕舞い込んだまま』なんて言うこともお話を聞くに少なくありません。

    18金や純金の金盃

    資産にもなるということで個人的にお買い求めになる方もいらっしゃれば、ひと昔前の景気の良いころには、贈答用として作られる方や企業もあり、勤続祝いやイベントの記念品として送られてきた経緯がありました。

    そんな当時の名残を感じる純金や18金を使った金盃を身の回りの整理を考えられるお年頃の方から買取させて頂く機会が質屋CLOAK名古屋大須店ではこのところ増えており、ご相談も頂きます。

    そのため、金盃を売りたいとお考えの方は、高額査定にて買い受けしておりますので、当店にお譲りいただきたいと思います。お時間をお掛けすること無くスグに現金化いたします。

    質預かり・質入れにつきましても素早い対応にてご融資いたします。

    因みに、このような金色をした盃がすべて金で作られたモノとは限りません。そのため、どのような材質で手掛けられたモノかの確認方法としまして、裏側の中心に印があります。

    そこに、『GP』もしくは『GF』といった印のあるモノは、『メッキ』や『貼り』という意味で、無垢と言われる18金や24金製の金盃ではありません。そのような印のあるモノは取り扱いが出来ませんのでお持ちくださる前に、一度見ていただければと思います。

    STORE INFORMATION

     

    お知らせの新着情報