• お問い合わせ
  • メニュー
  • 閉じる

CLOAK TOPICS

大須店ー新着情報

  • 金のメダル買取 24金・純金・18金・750の各種記念メダル

    金のメダルを買取・高く売るなら質屋CLOAK名古屋大須店まで。

    24金・純金・18金・750の刻印のある各種記念メダルを高価買取しております。

    JR 青函トンネル開通記念 金メダル

    こちらの金のメダルは、JR 青函トンネル開通記念のモノ。JR東日本が発行した1988年3月13日の青函トンネル開通を記念して作成した24金・純金製のメダル。

    裏には北海道と青森間とを横断する地図が描かれています。

    沖縄国際海洋博覧会 金メダル

    こちらは、沖縄国際海洋博覧会の金メダル。1975年7月20日の開催を記念して、海に浮かぶアクアポリスと海洋博のシンボルマークがモチーフとなった金のメダルが作られました。

    これまでに様々なイベントや催しを祝して、国や企業がこのような金のメダルを製造し、発売された経緯があります。

    このようなメダルの場合、全てが金によって出来たモノかと申しますと、そうではなく、大変なコストが掛かることからメッキのメダルも多く存在します。

    そのため、このような金のメダルをお売りいただく際には、質屋CLOAK名古屋大須店にて選別を行い買取させて頂きますが、お持ちいただく前に、ご自身でも簡単に見分けることが出来ますのでお教えいたします。

    無垢といわれる金を使用したメダルには、どのような含有率の金を使用して制作されたかを示す刻印が、ほぼ必ずと言ってよいほど何処かに刻印されています。

    純金を使用したメダルであれば、『純金』もしくは、『<1000>』『<999>』。18金を使用したメダルであれば、『K18』『<750>』というように打ち込みがされています。

    逆を言えば、メッキのメダルにはこのような刻印がありません。

    そのため、メッキのメダルか、本物の金のメダルかを判断するには、メダルの表や裏、もしくは側面(外周)を確認することで見分けが付きます。

    このような金のメダルは、プレミアによる買取・売却というお取り引きがされていないのが現状で、そのため、買取金額につきましては日々の金相場を基に、お見積もりの運びとなります。

    STORE INFORMATION

     

    お知らせの新着情報