電話番号:052-222-9609
CLOAK主義

CLOAK主義

「質屋であること・伝えること」変わらないシステム

質屋のシステムとその歴史は約800年も前の鎌倉時代から続いています。


これほどの長い歴史を歩んで、築いて来れたのには理由があるのです。

その理由とは、

『モノでお金を融通する』

それは、極めて単純なシステムであり、非常に分かりやすく、合理的だったからです。

この先、どんな時代が訪れても、「モノ」と「お金」が世の中からなくなることはありません。

この質預りのシステムについても、「モノ」と「お金」が存在する限り、無くなることは無く、きっと変わることもないでしょう。

CLOAKは、「モノ」と「お金」の結びつきを質屋という業を通じて、皆様がお持ちの「モノ」が、いつでも”お財布代わり”の役目に代わる『お金の”ホッ”とステーション』でありたい。そして、こんな素晴らしいシステムがあることをまだ知らない方に、一人でも多く知ってもらいたい。そんな伝えることの取り組みを日々おこなっております。

CLOAK外観

 

CLOAKは、小口短期取引が主である質屋のありかた、
そして、お客様一人ひとりを大切にする親しみある『庶民金融』という自覚と原点を忘れません。

ご利用いただく皆様の「モノ」と「お金」とを結ぶ『ライフスタイルの架け橋』であり続けたい。


そう常に願っております。

「質屋の存在意義」なくてはならない存在。

私たちは生きていくために必ず、生きながらえるための活動、つまり「生活」をしていかなくてはなりません。

では、その「生活とは何だ?」と考えた場合、大きく3つのカテゴリーに分けることができます。

1つ目は・・・「衣」=衣類、モノ全般。

2つ目は・・・「食」=食べること。

3つ目は・・・「住」=住むところ。

この「衣・食・住」という3つのカテゴリーは、流行という時代の移り変わりはあっても、柱として、この先も決して変わることはありません。

そして、この3本の柱の中の「衣」というカテゴリーに質屋は古くから深く関わってきました。

時代背景と共に取り扱う品物は大きく変わってきましたが、私たちが生活する上で、必ず「モノ」が私たちの生活の中にあり、その「モノ」が世の中から無くなることがない限り、質屋の存在も、私たちのライフスタイルにおいて、無くなることはなく、そして、なくてはならない存在だと思っています。

「質屋でなくなること・変わること」時代に沿ったサービスを提供すること。

約800年前に、金融機関の先駆けとして「土倉」という名称で始まり、江戸時代になって「質屋」に変わり、今日までに至りました。

長きに渡り続いてきた背景には、多くの人々の生活に溶け込み、親しまれてきた背景がうかがえます。


そんな素晴らしい歴史や伝統があるにも関わらず、現在、質屋と聞くと・・・

「古い、暗い、怖い、入りにくい」

という声が多く、きっと皆様もそんなイメージをお持ちではないでしょうか?

そんな抵抗感のある質屋を、ご利用いただくお客様の立場となって真剣に考え、大きく変える決断をしました。

その決断とは、

「質屋でなくなること・変わること」

時代に沿った形で質屋が変化し、利用いただきやすくサービスを提供すること。

想像されるイメージを払拭するため、自らが壊すことで、敷居を低くし、質屋の利用をためらっていた方が、躊躇することなく、人目も気にすることなく、気軽に、気楽に、安心して、安全に質屋を利用してほしい。

そして、明るく良いイメージに変えたい。

そんな強い思いで、

店舗に質の名前を掲げることを捨て、『CLOAK』として生まれ変わりました。

CLOAKは、質屋の新しい形として、ご利用いただく皆様の「プライバシーの保護」を第一に、そして「入りやすさ」に心がけ、お店を出入りされる方が「恥ずかしさ」や「うしろめたさ」という思いを持たれぬよう、どなたでも気軽にお越し頂ける配慮に努め、日々チャレンジしております。

「モノで気軽に。」身近にあるモノで気軽に。

質屋と聞くと ・・・

「高価なモノや価値のあるモノじゃないと扱ってもらえない?」

そんなふうに、”敷居が高い”と思っているのではないでしょうか?
じつは、そんなに敷居は高くありません。

「高価なモノ=価値のあるモノ」ということではないのです。
なぜかと言うと・・・
例えば、こんな品物をお持ちではないですか?

  • 金、プラチナなど、貴金属で出来た壊れたネックレス。
  • 片方無くしてしまったイヤリング。
  • 石の取れた指輪。
  • 昔流行ったブランド品。
  • ダイヤモンドをあしらった古いデザインの宝飾品
  • 電池の止まった国産の腕時計。
  • 動かないブランドウォッチ
  • 使わなくなった楽器
  • 贈答された銀杯

などなど。

どうでしょう、このような身近にあるモノで気軽に利用いただけるのです。

捜してみると私たちの生活の中に眠っていませんか?


そのため、お客様自身で価値の判断を行うのではなく、
「こんなモノ」、「あんなモノ」、とりあえず気軽に持ってきてください。


CLOAKでは1.000円からお金を融通しています。
だから、どなたでも気軽にご利用いただけるのです。

「お客様と対等な関係であるという考え」自分の持ちモノで資金を作る

CLOAKでは「モノ(お客様の所持品)」をお預かりし、「モノ」の価値に応じて1,000円から「お金」を融通しています。


つまり、『借金』という認識ではなく、”自分の持ち物で資金を作る”という考えです。


知人、友人、家族、親戚などからお金を借りたり、他金融業者からお金の融資を受けたりすると肩身が狭い・・・なんてことをよくお聞きします。


それは、貸した方が優位で、借りた方が劣位という引け目や劣等感であったり、はたまた「借りたお金は必ず返さなければならない・ ・ ・ 」 という罪悪感や重圧など、 すなわち、
『うしろめたさ』があるからではないでしょうか?

CLOAKでは、当店の屋号である”預けるところ”というネーミングでもあるように 、資金作りをするうえで、借金という重苦しい認識ではなく、「自分の持ちモノを有効的に活用し、資金調達の出来るシステム」を推奨しておりますので、CLOAKとお客様とのお付き合いは、対等な関係であると考えています。

そのため、お客様に引け目や劣等感や罪悪感という『うしろめたさ』を感じさせません。

「質屋」の利用に抵抗ある方へ

もしお金を借りることになった場合、誰かに
見られたり、気づかれたりしたくはないですよね?

名古屋大須のCLOAKには『質屋』という名前が店舗に付いていません。


ご利用いただくお客様一人ひとりの
「プライバシーの保護」と「入りやすさ」を
第一に考え店づくりをしました。


そのため、初めての方はモチロンのこと、
女性の方や質屋の利用に抵抗ある方でも人目を気にすることなく、 気軽にお店に入っていただけるようになっています。


外観は、質屋を連想させないホワイトベージュを基調としたシンプルで落ち着いたデザインの建物です。


店内は明るく、清潔感と高級感のある雰囲気で、ジャズの音楽が流れ、リラックスいただけるよう、落ち着いた香り漂う商談スペースとなっております。


そんな当店を、貴方の『プライベート質屋』としてお使い頂けたらと思います。

CLOAKのスタッフは、いつでも笑顔で皆様をおもてなし致します。

店長あいさつ >> へ進む

 


名古屋大須の質屋・買取店
PAWNSHOP CLOAK
クローク

愛知県名古屋市中区大須2-22-4 TEL:052-222-9609
所属組合:名古屋質屋協同組合・愛知県質屋組合連合会・全国質屋組合連合会
質:愛知県公安委員会許可 54116060010A
古物:愛知県公安委員会許可541319806900