電話番号:052-222-9609
ルイヴィトンの歴史

ルイヴィトンの歴史

パリにて旅行鞄専門店が始まり

ルイヴィトン本社

1867年、ルイヴィトンが手掛けたトランクは、万国博覧会で高い評価を受け、銅メダルを獲得します。

これを機に、新たなスタンダードを作り上げたトランクは、スラブ、ラテン系王侯族から注文を受けるようになります。

そして、ルイヴィトンの名は世界中へと知れ渡り、メジャーへの道へと名声を高めていくのです。

当時、移動と言えば馬車が主流で、雨の滴が下に落ちやすくするため、丸みを帯びた蓋のトランクが一般的でした。

ところが、輸送機関の発達に注目し、移動手段の変化に従って、積み重ねることのできる平らなトランクのデザインを考案します。

使いやすさを追求したトランクは絶大な人気を獲得することになったのです。

後の話で、ルイヴィトンのトランクは、当時は船旅が主流であったため、水難事故の備えに着目し、水に浮くように設計され、実際の事故の現場ではそれにつかまり、命が助かったという逸話があります。

1878年、パリで行われた万国博覧会にて、多くヨーロッパ人が、「和」がもてなす繊細で美しい日本の文化の虜となり、ルイ・ヴィトンもその衝撃を受け、この出会いこそが、後のトップブランドとして飛躍的成長を遂げることとなる影響を与えた出来事になります。

1888年には、二代目ジョルジュ・ルイ・ヴィトンが、日本の市松模様をヒントにジャポニズムを継承すべく、「ダミエ・ライン」を考案。
翌年のパリ万国博覧会にて、金賞を受賞します。

1892年、ハンドバッグの販売を開始する。しかし、同年2月、創業者のルイ・ヴィトンが自身の住居にて、70歳で生涯に幕を閉じます。

その後、1896年には、ダミエのコピー商品が出回るのを防ぐために、新たなデザインとして作成したのが、定番柄として現在でも馴染みのある、ルイ・ヴィトンの「LV」と「星」と「花」の幾何学的なモチーフを、等間隔に配置させて組み合わせた、「モノグラム・ライン」が誕生。こちらも日本文化の「家紋」をリスペクトしたデザイン。

このデザインの発表を期に、絶大な人気を誇るトップブランドとなり、世界的企業へと成長を遂げていきます。

1978年、ルイヴィトンの製品をこよなく愛する多くの日本人の熱烈な支持をうけ、ルイヴィトンのショップが日本に上陸。東京と大阪にオープン。

1985年には、麦の穂をイメージして作成された「エピ・ライン」を発表。

同時に、今までには無い多彩なバリエーションにて展開を始める。

1998年には、バッグだけにとどまらず、ファッション界にも進出し、マーク・ジェイコブスをデザイナーに迎え、プレタポルテとシューズのコレクションと「モノグラム・ヴェルニライン」を発表。

2003年には、日本人デザイナーの村上隆とのコラボレーションによるカラフルな色彩の「モノグラムマルチカラー」や、その後も次々と多彩なシリーズを発表し、2012年には、大小のドットで彩られた、草間彌生とのコラボレーションを発表するなど、常に斬新なデザインを生み出し、世界中から注目を浴び続け、多くの人々を魅了し愛用される、今や押しも押されぬ不動のトップブランドとなりました。

もちろん、日本でのルイヴィトン人気は言うまでもありません。

そして、今後も新しいデザインやシリーズの発表とともに、ルイヴィトンファンを楽しませ続けてくれることでしょう。

ルイ・ヴィトンオフィシャルサイト

▲ページのTOPに戻る


名古屋大須の質屋・買取店
PAWNSHOP CLOAK
クローク

愛知県名古屋市中区大須2-22-4 TEL:052-222-9609
所属組合:名古屋質屋協同組合・愛知県質屋組合連合会・全国質屋組合連合会
質:愛知県公安委員会許可 54116060010A
古物:愛知県公安委員会許可541319806900