電話番号:052-222-9609
シャネルの歴史

シャネルの歴史

History of CHANEL ~シャネル~

シャネルブティック

モード界に革命を起こしたココ・シャネルの歩み

出発は帽子専門店「シャネル・モード」

初代ガブリエルシャネル(愛称:ココ・シャネル)は少女時代に歌手になることを志しますが、その夢を諦めます。

ちょうど同じ頃、趣味で作った帽子がボーイフレンドの友人たちの眼に留まり、絶賛され、帽子作りへの転機が訪れます。

それから、生涯のパートナーとなるイギリス人の青年実業家の援助を受け、パリ・カンボン通り21番地に「シャネル・モード」という帽子専門を1910年にオープン。ここからファッションデザイナー、シャネルの歴史が始まります。

オートクチュールブティックをオープン

3年後に2号店を、1915年にはフランス南西部アキテーヌ地方ピアリッツに本格的なオートクチュールのブティック、「メゾン・ド・クチュール」をオープン。

シャネルは服飾デザイナーとして本格的にデビューを果たします。

シャネルの独創的なスタイルが話題に

1916年に第1回シャネル・オートクチュール・コレクションを発表。

第一次世界大戦時、パリから疎開してきたセレブ女性たちのために、安くシンプルで着心地が良い機能的な服を手掛けます。

そのスタイルは独創的なモノで、伸縮に優れたジャージ素材をファッショナブルな形としてスーツに取り入れるというもの。

その斬新なアイディアが活発的な女性たちの心をとらえ、脚光を浴び、新たなトレンドとなります。

この成功を期にシャネルの名は瞬く間に広まり、黄金時代を迎えます。

その後、1921年にパリ・カンボン通りの帽子店もクチュール店へと切り替え、カンボン通り31番地へ店舗を拡張します。

同年5月5日には最初の香水となる「シャネルNo.5」を発表、世界的に大ヒットとなります。

その後、1929年にバッグ「マトラッセ」を発表、1935年にはハリウッドと契約し、映画スターの衣装を製作するなど大成功を収めます。

当時、喪服として用いられていた黒いドレスをカテゴリーにとらわれず、独創的なスタイルを取り入れ、華やかなファッション界に広めたのはシャネルだと言われています。

閉鎖と復帰

その後、第二次世界大戦の勃発により香水とアクセサリー以外の全店を閉鎖。

それから15年後の1954年にクチュールのメゾンをカンボン通り31番地に再びオープン。ファッション業界に復帰し、新たなスタートを切ります。

シャネルは「20世紀の最も偉大なクリエーター」として賞賛され、翌年の1955年にモード・オスカー賞を授与します。

シャネルの死去

香水「No.19」を発表した翌年の1971年、モード界の巨匠として多くの功績と衝撃を与えてきたシャネルは、コレクションの用意の最中、晩年に住まいとしていたパリのホテル・リッツにて87歳でその生涯を終えます。

新デザイナーに「カール・ラガーフェルド」が就任

偉大な功績を遺したシャネルの後任に、カール・ラガーフェルドが新デザイナーとして迎えられ、そのモード哲学が受け継がれることになります。

1987年には新たなジャンルとして、レディースウォッチ「プルミエール」を発表します。

それから2000年には「J12」というシャネル初のメンズウォッチを発表し、大きな話題を呼びます。

カール・ラガーフェルドは、シャネルブランドを継承しつつ、新たな世界観を構築し、活躍の幅をさらに広げていきます。

シャネルの旗艦店

2004年12月、銀座3丁目に旗艦店となる「銀座CHANELビルディング」をオープン。

現在でも多くの女性から愛される人気ブランドとしてファンション界の最前線で輝き続けています。

時代の波に大きく左右されながらもファッションというツールを通じ、「女性達に新しい生き方」、「新しいスタイル」を提案し、世界中に女性の地位に革命を起こしたシャネル。

いつの時代も女性らしさを忘れず、『あなたにとって永遠の愛用品となる為に』をテーマに、女性が望む機能性と感性を兼ね備えたアイテムをこれからも発信していくことでしょう。

シャネルオフィシャルサイト

▲ページのTOPに戻る


名古屋大須の質屋・買取店
PAWNSHOP CLOAK
クローク

愛知県名古屋市中区大須2-22-4 TEL:052-222-9609
所属組合:名古屋質屋協同組合・愛知県質屋組合連合会・全国質屋組合連合会
質:愛知県公安委員会許可 54116060010A
古物:愛知県公安委員会許可541319806900